【超簡単】盛り上がる?段ボールゲーム!

  • 2月 23, 2021
  • 2月 28, 2021
  • DIY
  • 36view
DIY

 最近の巣ごもり生活で通販を利用することが多くなりましたね。

 便利なものですが、一方で邪魔になるものもあります。それが・・・

 段ボールです

 今回は段ボール細工好きな私が簡単にできる段ボールゲームを紹介したいと思います!

段ボール細工をやってみよう!

準備物

段ボール     1箱
ゴム紐      8㎜巻がオススメ
紙OKの接着剤    
はさみorカッター
定規       オススメは30㎝
ビニールテープ
コンパス
※写真にビニールテープが写ってませんでした・・・

設計図をたてる

 ここにハードルの高さを感じるかもしれませんが、大まかな設計図を作っておくことで作業が効率的に進みます。 

 とんでもないぐらい見えにくいですが、後は設計図にそって各パーツを切り出していくだけですからね(^^)

 ちなみにどんなおもちゃかというと、ゴム紐で球を弾き、真ん中のゲートをくぐらせて一番多く相手の陣地に球を入れた方が勝ちというゲームです!(大昔にやったのを思い出して作りました)

パーツを切り出す

 このように切り出すことができました!

 私のは切り口がガタガタですが、工作用のはさみやカッターを使うことでもっと綺麗になります!

 ちなみに長細い段ボールの両端に穴を空けていますが、ゴム紐を通すための穴です。

各部の接着

  次に各部位を接着していきます。

 4つの囲いからつけていきますが、画像のようにビニールテープで囲いと底の部位を繋ぐように張ります。

 いったん貼り付けたら、補強のため隙間に接着剤を流し込んでいきます。

 

 接着剤を流し込んだら、底に対して囲いが90度になるように立てましょう。

 さらに流し込んだ側にもビニールテープを張り付ければ・・・

 囲いをつけることができました!

 この調子で残りの囲いも一気につけていきましょう(^^)/

紐を通す

 囲いを全て取り付けることができたら、先程説明した穴に紐を通しましょう!

 穴が小さいと結構苦労します・・・

 もしヘアピン等があればピンにゴムをかませて通すと楽ですよ(^^

 

 通すとこんな感じになります。

 でもこれではゴムを引っ張るときに取れてしまうので、ビニールテープでくっつけましょう!

 

ここで注意!

ゴムをある程度ピンッと張った状態でくっつけましょう。

ある程度張ってないと球を弾かなくなるので。

 これを4カ所通していきましょう。

ゲートの取り付け

 ゲートはこれまでと同様に囲いとの設置面をビニールでくっつけるだけです(^^)/

 すると・・・

 本体の完成です!!

 設計図とはややゲートが異なりますが、それは許容範囲内ということで・・・

 後は球を作成すれば完全完成なのでもう少し頑張りましょう!

球作り

 球はいたってシンプルです。

 直径3センチの円を切り出して3つ重ねます。

 私はコンパスがなくフリーハンドでやったら汚くなってしまいました笑

 皆さんはコンパスを使いましょう!

 これらも接着剤でくっつけて、周りをビニールテープで巻けば・・・

 こんな感じの球ができます。(周りのビニールはなくてもできますが、子どもが段ボールで指を切るのを防止するために巻いてます)

完成!

 

 お疲れ様でした!これにて完全完成です!

 コンセプト通り球を弾いて相手の陣地に入れることもできましたので申し分ないでしょう(^^)/

 私は今回青色のビニールテープで巻いていますが、皆さんの好きな色で巻いてみるのも楽しいかと思います!

まとめ

 段ボール細工いかがだったでしょうか?

 こうしたおもちゃって似たような遊びの物が市販で売られていると思います。

 そっちの方が綺麗で色鮮やかでカッコいいと思います。でもこうやって自分で苦労して作ってみると、また違った楽しさがあると思います(^^)/

 準備から完成までの過程が全て楽しさですからね!

 もし段ボールが余って仕方ない・・・という方がいましたらぜひ!

最新情報をチェックしよう!