介護保険認定区分

  • 2月 24, 2021
  • 9月 13, 2021
  • 福祉
  • 12view

介護保険の認定結果により「要介護」「要支援」「非該当」に区分されます。・要介護
状態により1~5段階で区分されます。介護保険の対象者で、介護保険のサービスによって生活機能の維持改善を図ることが適切な人などです。・要支援
状態により1~2段階で区分されます。介護保険の対象者で、要介護状態が比較的軽く、介護保険サービスによって生活機能が改善する可能性の高い人などです。・非該当
地域支援事業の対象者で、生活機能の低下により将来的に要支援などへ移行する危険性がある人です。認定結果に不服がある場合は30日以内に市役所で再審を行うことができます。
しかし、多くの市町村では交付に30日ほどかかるため、自身の心身状況を把握し適切なタイミングでの申請が必要となります。
次回は要介護のサービスについて説明します。

最新情報をチェックしよう!